ブログもとい、旅行覚書   主にウェールズ旅行記、 ウェールズ留学記


by yu-sakutti

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

つれづれ...
13 Wales旅行
11 Wales旅行
08 Wales旅行
05 軽井沢旅行
05 沖縄旅行
三鷹ジブリの森
鎌倉/江ノ島小旅行
留学
旅行
15 Wales&England旅行
16 瀬戸内国際芸術祭春

以前の記事

2017年 01月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

フォロー中のブログ

イギリス公開講座
旧 1974** Blog
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
ろんどんらいふ
海外で暮らす

その他のリンク

ウェールズの空の下
このブログの別室。ウェールズ留学中のあれこれを、ポツリポツリをアップしてます。



アンモナイト
紅茶の国から
イギリス国際結婚あんなことこんなこと

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧

Travel in Wales & England 2015 8日目-②

e0074833_1929359.jpg

11時50分に城を出発。元来た道を戻る感じ。

e0074833_19331294.jpg

10分程で、さっきの所に着いたものの、雨と風が…しばし車の中で待機。
ケータイの電波も悪いなぁ。
そして、写真で分かりますか?地面がちょっとぼこぼこしてて
レンタカー止めるには、ちょと気を使う場所でした。





e0074833_19314658.jpg

待つ事しばし。雨が小降りになったので、外に出てみる。
ちなみに、さっき止まってた車もまだある。
で己のカンを頼りに、歩いてみる。あの車があるってことは、こっちに何かあるはずだ。

e0074833_19344566.jpg

あ〜〜〜、ほら!なんかソレっぽいのが見えて来た!!
最初に来た時も、なんとなく見えてたんだけど…もう少し歩いていればよかった。

e0074833_19351439.jpg

ビンゴォ〜〜〜〜049.gif
着きました。「アーサー王の石」こと「Maen Ceti

e0074833_19394216.jpg

別名「アーサー王の石」と言われる通り、アーサー王伝説があります。
アーサー王がカムロンの戦いに赴く時、7マイル先からこの岩を投げたそうです。

e0074833_19412722.jpg

実際はBC2500年頃の古代の埋葬塚。
このような埋葬塚は、あと、カーディフ郊外や、ペンブロック地方のペントレ・イヴァンを初め
ウェールズ各地にあります。

e0074833_1943307.jpg

大きさや、高さは違っても、大体このように3点くらいの石で、天井の巨石を支えてます。
古代の人がどうやって、作ったのか…ストーンヘンジと同じくらい、ミステリアス!

e0074833_19444560.jpg

更にミステリアスなのは、この埋葬塚にまつわる、ウェールズの民話・伝承。

この辺りでは、19世紀頃まで、娘達が自分の恋人の誠実さを計るために
満月の夜、大麦粉とハチミツ、ミルクで作ったケーキをこの石の上に備え
四つん這いでこの石の周りを回ると
恋人が誠実ならば、彼らはすぐ結ばれるだろう
という言い伝えがあったそうです(多分、諸説あり)

この日もすごい風が強かったんだけど、満月の夜に一人でそんなことしてたら
ココロが折れそうです…

e0074833_1948417.jpg

12:40にアーサー王の石から、Pennard城の情報を得るため、ヘリテージセンターへ。
ついでに、その途中にあるParc le Beros Burial Chamber
約6000年前の古代の共同墓地で、かつてをこの上を覆っていた石があったそうです。
少なくとも40人分の遺骨が出て来たそうです

e0074833_19511698.jpg

以前からCadwのガイドブックで見てたけど、こんな森林公園の中にポツンとあるとは
以外でした。そして、じっくり見たいのに、学生二人がご飯食べてる〜。
何か、課外授業があるのか、公園内に学生さんが集まってきます。
どいてくれないかな〜〜〜。
どいてくれない…

e0074833_20113825.jpg

後ろに回ってみた〜。
この状態からだと、どうやって40人以上の遺体が埋葬されていたのか
想像もつかないです。

e0074833_20125263.jpg

さて、そんな森林公園の近くに
Gower Heritage Centerはあります。駐車場もこちらをお借りして、Pennard城への行き方を聞きに、受付へ。
駐車場代金もここで払います。近くのショップの前にも有料パーキングあるけど、多分ここのを
借りる方が安いです。
スタッフの方から、行き方の簡単なマップをもらいました。

e0074833_20162055.jpg

お昼がまだだったので、遅めのランチをかねて、ウェルシュ・クリーム・ティーを頂く。
美味しかったけど、全部食べられなかったので、ナプキンに包んで持ち帰りました(笑)
[PR]
by yu-sakutti | 2016-01-17 20:17 | 15 Wales&England旅行