ブログもとい、旅行覚書   主にウェールズ旅行記、 ウェールズ留学記


by yu-sakutti

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

つれづれ...
13 Wales旅行
11 Wales旅行
08 Wales旅行
05 軽井沢旅行
05 沖縄旅行
三鷹ジブリの森
鎌倉/江ノ島小旅行
留学
旅行
15 Wales&England旅行
16 瀬戸内国際芸術祭春

以前の記事

2017年 01月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

フォロー中のブログ

イギリス公開講座
旧 1974** Blog
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
ろんどんらいふ
海外で暮らす

その他のリンク

ウェールズの空の下
このブログの別室。ウェールズ留学中のあれこれを、ポツリポツリをアップしてます。



アンモナイト
紅茶の国から
イギリス国際結婚あんなことこんなこと

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧

Travel in Wales & England 2015 9日目-②

e0074833_14343733.jpg

腹ごしらえと休憩が済んだら、再び買い物へGO!
とは言っても、お土産類の買い物はペンブロックdでほとんど済ませているので
今日買うのは、自分の物とか、職場用のもの。
コーヒー大好きなんですけど、胃が悪くて飲めなくなってるので
カフェインフリーのコーヒーや紅茶を買うために、スーパーマーケットへ。





e0074833_14364563.jpg

テスコとマークス&スペンサーをはしごしたけど
カフェインフリーのものがないんだなぁ。前は確かあったのに…
それでも、スーパーで買う方が安いので、結果、こんだけ買いました…

e0074833_14381098.jpg

荷物が重くなったので、これらを置きに、一旦ホテルへ戻ります。
それに、足も痛い…フラットなウォーキングシューズを今日は履いてるけど
やっぱり、厚底のマーチンのブーツに変えてこよう…
あと、明日朝早いので、ホテルから駅まで、徒歩どれくらいかかるかも、計ってみよう。
自力が無理なら、タクシー呼んでもらわないと。

それにしても、いい天気になってきました。朝イチは曇り空でした。

e0074833_144036100.jpg

カーディフ城の門の前に衛兵さんが!
なんかイベントやってるのかな〜?

結局駅とホテル間は30分。これでスーツケーツゴロゴロしてたら、間に合わない。
明日の朝はタクシーだな。

e0074833_14422188.jpg

ホテルに荷物を置いて、靴を履き替えて、再び町へ…戻るつもりでしたが
買い物もなんだか疲れてしまい。
でもこんないい天気だし、どっか行きたい!
でも実は、手持ちの現金があまりないのですよ〜。
バスに乗ってSt.Fagansのウェールズ民俗博物館…へ行くバスの便が、時間が合わない。
カーディフベイ…もなぁ。

e0074833_14443331.jpg

船にのってベイに行くか!
あ、でも片道£5もする…しかも、人めっちゃ並んでるし!!
それに、ちょっとお茶したい…
ソフィアガーデンのTea Room…も一杯だぁ。

e0074833_14472269.jpg

コンビニで飲み物かってきて、ビュートパーク&ソフィアガーデンをお散歩することに。
ベンチに腰掛けて、しばし、日向ぼっこ。
ちょっと旅の日記もつけたりして。
こうしてると、留学してた時のこと思いだします。

e0074833_14483343.jpg

そうだ!今日は久々に、Llandaffに行こう!と思いたち、ソフィアガーデンから
ポントカナフィールドをぬけて、Llandaffへ。
やっぱりバスの時間がなくてですね、歩いて行きました。
公園の中では、家族連れが散歩やサイクリングを楽しんだり、愛犬と戯れたり
クリケットを楽しみ人達がいたり…
イギリス人って、余暇の使い方がうまいなぁ。
休みの日に家族で、公園で散歩するひと、日本にどれだけいるかな?

e0074833_1451719.jpg

Llandaffは住んでいたカントンのジェニーの家から、歩いても30分ほどで行ける
小さな村ですが、大聖堂もある所です。
今は引っ越してるけど、BBCウェールズもありました。
そして、「チャーリーとチョコレート工場」などでも世界的に有名な
ロアルド・ダールが幼少時住んでいた所でもあります。
彼が一時期通っていた、Cathedral Schoolもここにあります。
こんな路地も、きっとロアルド少年が歩いていたと思うと、わくわくするね!

e0074833_14534368.jpg

Llandaffの小さなハイ・ストリートには、2軒の雑貨屋さんがあったんだけど
うち、一軒がカフェになっていました!
歩いていて疲れたら、カフェがあるといいなぁ(以前は無かったので、パブでお茶でも
飲もうかなと思ってました)と思ってたから、丁度よかったです!

e0074833_14552097.jpg

Jaspers Tea Rooms
フルーツスコーンとお茶で£4.7
甘そうだな〜、と思ってたけど、あっさりした甘さでとっても美味しかったですよw

e0074833_14582353.jpg

最初、この長い背もたれの椅子の方に座ろうとしたけど
重くて動かせないんですよね…
で、諦めて、反対側に座ったんだけど、テーブルの横の壁に、この椅子の説明があって
なんでも13世紀の椅子らしいです。
ひえ〜〜〜〜。なんだか、ちょっと恐い、ね(苦笑)。

e0074833_150811.jpg

トイレに行くついで、他の席も見てきました。
以前雑貨屋さんだった時は、この部屋は、カードとか置いていたなぁ
と懐かしくなりました。

e0074833_151216.jpg

Llandaffにもお城があります。

e0074833_1514723.jpg

城門をくぐると

e0074833_1521166.jpg

中はガーデンになってます。
ベンチもあるので、散歩に疲れたら、座ってちょっと休憩も。
ここにも、横の駐車場にも八重桜の木がいくつかあるので
桜の季節なら、お花見したいね。

e0074833_1531690.jpg

そして、Llandaff Cathedral
昔、英会話学校の先生が、どの「市」にも必ずひとつ、大聖堂がある。
逆にいうと、大聖堂のあるところが「市」なんだよ、っていっておりました。
そう、だからこそ、St.David'sって小さな町だけど「市」なんですよよね。

e0074833_154555.jpg

この大聖堂、壁の彫刻も見事なので、よーく見てほしいです。

e0074833_1552948.jpg

ここは、物議を醸し出した、モダンなキリスト像があることでも有名です。

e0074833_1561683.jpg

ここは本当に、しょっちゅう来ていた、想い出の場所です。
クリスマス前のキャロルコンサートも来たなぁ。

e0074833_157527.jpg

大聖堂を出て、坂を下におり、カーディフの町を流れるTaff川沿いのフットパスに出ました。
この川沿いに、カーディフの町まで戻ろうと思います。
「Taff Trail」というルートもあるので、またいつか挑戦してみたいなぁ。
左手に小川、右手には木々と小鳥のさえずりの気持ちのいい道です。

e0074833_159179.jpg

ポントカナ・フィールドの、まっすぐ続く道。

なんやかんやで、ホテルに戻ってきたのは19:30でした。
スーパーで食材を購入して、夕食はリンゴで済ませました。
早めにシャワーを浴びて、荷造りをすませ、明日の出発に備えます。

が、一番の問題!
宿のオーナーと明日の確認をしてない!
日本出発前に、メールで何度か、チェックアウトが早いけど、大丈夫?
と尋ねたけど、連絡がきてなくて…それにタクシーも頼みたいし。
1階のオーナーの部屋らしき場所をノックするけど、応答なし。
テレビの音がするから、絶対いるんだけどな〜。
しばらく、ノックと声かけするけど、出てこない。

一旦、部屋に引っ込んで、再び、荷造り&チェック。
時間を置いて、もう一度トライ!
何度目かのノックで、やっと出て来てくれました。
事情を話すと、その場でタクシー呼んでくれました。
6:40に来てくれるとか。
清算はカードで済んでいるので、鍵を玄関横のキャビネットの上に置いておけばよいとのこと。

よかったー。これで眠れる…
[PR]
by yu-sakutti | 2016-01-24 15:15 | 15 Wales&England旅行