ブログもとい、旅行覚書   主にウェールズ旅行記、 ウェールズ留学記


by yu-sakutti

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

つれづれ...
13 Wales旅行
11 Wales旅行
08 Wales旅行
05 軽井沢旅行
05 沖縄旅行
三鷹ジブリの森
鎌倉/江ノ島小旅行
留学
旅行
15 Wales&England旅行
16 瀬戸内国際芸術祭春

以前の記事

2017年 01月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

フォロー中のブログ

イギリス公開講座
旧 1974** Blog
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
ろんどんらいふ
海外で暮らす

その他のリンク

ウェールズの空の下
このブログの別室。ウェールズ留学中のあれこれを、ポツリポツリをアップしてます。



アンモナイト
紅茶の国から
イギリス国際結婚あんなことこんなこと

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧

瀬戸内国際芸術祭2016 春会期 男木島

e0074833_1258313.jpg

女木島から15分で男木島到着。集落が港に集約してて、可愛い島です。





e0074833_12592751.jpg

男木島案内所「男木島の魂」
HPで見て、これ絶対みたい!と思った作品がまたお出迎え。
かたかな、ひらがな、感じ、アルファベットなどの文字を組み合わせて作ったリーフの
透け感が素敵です。
e0074833_1311095.jpg


e0074833_1314636.jpg

まずは、腹ごしらえ…とフェリーで出会った方が、今日お手伝いで入っているという
島の食堂へ向かっていると…
猫発見!男木島は猫の島でも有名です。

e0074833_1324819.jpg

「TACHI」さん。地元の方が通う、アットホームな食堂。

e0074833_1332477.jpg

折角なので、香川名物、白みそ&あんこ入り餅の甘いお雑煮。
初めて食べたけど、美味しかった!

e0074833_1342395.jpg

腹ごなしを終えて、作品探索めぐりスタート。
食堂を出発して、まず初めにきたのが
「男木島 路地激がプロジェクト wallalley」

e0074833_135324.jpg

島の民家の壁にカラフルなペインティングをしてます。

e0074833_137090.jpg

この路地もいい。写ってるおじいちゃんと孫もいい!
いい想い出になるねw

e0074833_1361414.jpg

神社の下の家の壁にも。
不思議と風景に溶け込んでます。

e0074833_1375099.jpg

「オンバ・ファクトリー」
細い路地や坂道が多い、島の生活にかかせない「オンバ」=乳母車

e0074833_1385343.jpg

ここでは、そのオンバをアートにしたものや、カフェ、雑貨も扱っています。
島のアイテムをモチーフにした、マスキングテープが可愛い。お土産に最適w

e0074833_1395260.jpg

e0074833_13495971.jpg

e0074833_131129.jpg



e0074833_13122139.jpg

こういう細い路地や坂道の風景って素敵。

e0074833_1313811.jpg

「ドリームカフェ」
人気の「めおんバーガー」はお早めに。2時頃だともうないかも…

e0074833_13135528.jpg

眺めのいいテラス席
ほんで、この奥に…

e0074833_1314298.jpg

「カレードスコープ ブッラク & ホワイト」
展示してある古民家の庭にも、巨大な万華鏡が。
そして中にはいると…

e0074833_13155769.jpg
e0074833_13154317.jpg

e0074833_13161724.jpg

まさに、白と黒の万華鏡の世界でした。

e0074833_13165023.jpg

島のあちこちに味のある民家が残っています。

e0074833_13172121.jpg

「オルガン」パイプは坂の上までのびているようです…

e0074833_13181360.jpg

「アキノリウム」これも素敵な作品でした

e0074833_13185332.jpg

会場の古民家に入ると、右手にスクリーンがあり…
家の奥から、涼しげな音が聞こえてきます

e0074833_13194633.jpg

音に誘われて2階にあがると、竹製のサウンドオブジェがいくつも

e0074833_13203151.jpg

カラカラカラ…
コロコロコロ…
いやされます

e0074833_13211265.jpg

「SEA VINE」これも圧巻
古民家の1階部分が磁器製のつるで覆われています。

e0074833_13222930.jpg

e0074833_13224960.jpg

e0074833_1323588.jpg

葉の一枚一枚にも彩色されています。

e0074833_13233724.jpg

そして、作品を展示するのに、無数のワイヤー(ピアノ線?)が使われているのが
見えますか? 
その作業工程を思うと、ため息がでますね。

e0074833_13244235.jpg

白い小さな蔵。この中に展示されているのが…

e0074833_13251415.jpg

「記憶のボトル」
島の人達の想い出を、瓶の中にいいれて、小さな明かりをともした作品。
ただただ見とれます。島の人達の想い出が光ってるみたいで素敵です。

e0074833_13262670.jpg

e0074833_13264084.jpg

e0074833_1327788.jpg

e0074833_13274683.jpg
e0074833_13272577.jpg


e0074833_13282937.jpg

その蔵の近くにあったのが…
さっきのパイプだ!
音が出るのもありましたが、これは何か文字が見えます。

e0074833_13291556.jpg

島を離れても、島の風景がよみがえるような、素敵な歌詞ですね。

e0074833_1329595.jpg

ここは…「漆の家」だったかな?門構えが素敵。
ガイドブックに「アレルギーの人は注意」って書いてたけど
アレルギーじゃなくても、1歩部屋に入ると、漆の匂いがどっと…
長くはいられない〜。なので、写真とってません(苦笑)

e0074833_133152100.jpg

「部屋の中の部屋」が展示されてる古民家。
島のお家が、大体こんなかんじの作りで、素敵だなぁと。
リノベーションしてホリデーコテージとかにしたら、外国人に特に人気が出そう。
高松まで15分だし。

e0074833_13331853.jpg

で作品。
ん…?

e0074833_13334217.jpg

そうです。90度回転した部屋が展示されてるのです。
三半器官が弱い方は注意?!

e0074833_13344013.jpg

豊玉姫神社です。ここからの眺めがすばらしい。
この時はまだ桜が咲いてました。

e0074833_13353010.jpg

ここでも猫が…

e0074833_13361313.jpg

坂を下ってみなとの方に出ると、またしても猫が…

e0074833_13364827.jpg

猫が

e0074833_13371214.jpg

警戒心ゼロの野良猫たち…

e0074833_13373796.jpg

そして見えて来たのが
「歩く方舟」

e0074833_1338979.jpg

実はオブジェの足の間に、香港からきたという女の子がいます(笑)

e0074833_1339046.jpg

再び坂道を登って、神社の下の鳥居から

e0074833_13394258.jpg

石段を降りていくと…

e0074833_1340923.jpg

うわーっ
と本当に声に出てしまう位の猫ちゃんがいました。
絶対兄弟だろ…みんな。

e0074833_1341256.jpg

お昼が軽めだったし、疲れたので、なんか食べたい!と思ったけど
もうどこも食べ物系は無い感じ。
だったので、オンバファクトリーにもどって、ジンジャーレモンを頂きました。
最終の船まで1時間…

e0074833_13422061.jpg

島の北端にある、灯台に行って見ることに。徒歩約30分。急ぎ足でいけば丁度戻れるはず。

e0074833_13432116.jpg

民家がない、山沿いの道をあること、しばし。急ぎ足だと、ちょっとキツい…

e0074833_1344074.jpg

博物館は無料で入れます。

e0074833_13441976.jpg

見た事ないけど、昭和の名画
「喜びも悲しみも幾年月」のロケ地だったそうです

e0074833_1345618.jpg

なんとか最終便までに戻ってこれました。
日が傾いてきたので、案内所のリーフからもれる影もまた形を変えてきました。

e0074833_13455840.jpg

17時、最終の高松行にのって、島を後にします。

全部見れてはないけど、女木島〜男木島なら1日あれば十分作品見られます。
男木島は作品を一通りみるのに2〜3時間あれば十分ですね。
次は、夏会期中に小豆島&豊島に行く予定!
[PR]
by yu-sakutti | 2016-08-07 13:47 | 16 瀬戸内国際芸術祭春