ブログもとい、旅行覚書   主にウェールズ旅行記、 ウェールズ留学記


by yu-sakutti

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

つれづれ...
13 Wales旅行
11 Wales旅行
08 Wales旅行
05 軽井沢旅行
05 沖縄旅行
三鷹ジブリの森
鎌倉/江ノ島小旅行
留学
旅行
15 Wales&England旅行
16 瀬戸内国際芸術祭春

以前の記事

2017年 01月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

フォロー中のブログ

イギリス公開講座
旧 1974** Blog
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
ろんどんらいふ
海外で暮らす

その他のリンク

ウェールズの空の下
このブログの別室。ウェールズ留学中のあれこれを、ポツリポツリをアップしてます。



アンモナイト
紅茶の国から
イギリス国際結婚あんなことこんなこと

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧

Travel in Wales 2008 ⑨

e0074833_2140797.jpg

さて、ネヴァーンのホテルを出発して向かったのは
ナショナル・トラストの管理する
「Dinas Head」

e0074833_2142551.jpg

ここは海にちょこっと突き出た岬に
フットパスがあり、バードウォッチングも楽しめる場所
のはずですが、あまりめぼしい鳥もいず
というか風が強かった!!

e0074833_21444371.jpg

でもお天気に恵まれ、ウェールズらしい美しい景色を
楽しめます。
向こう側に見えるのは、これから向かう
フィッシュガードあたりかな?

e0074833_21462042.jpg

Fishguard(フィッシュガード)は、1797年にフランス兵が上陸した町
として有名です。バスロータリー前の町の中心地、タウンホールには
その時の出来事を町の婦人会の皆さんが、なんと、刺繍で再現した
タペストリーがあるのです。
e0074833_21495081.jpg

この出来事は「Last Invasion」(直訳すると「最後の侵略」になるでしょうか)
として有名で、1797年2月22日、このフィッシュガードの近くの
Strumble Headに上陸したフランス人たちを、地元の人達が追い払った
という話で、中でもJemima Nicholasという女性によって率いられた
地元の女性達の活躍によるものが大きかった、と語られています。
この刺繍はウェールズの民族衣装をきた地域の女性達を
描いていますが、この姿をフランス兵たちは、イギリス軍だと勘違いしたそう。
赤いコートに黒い山高帽。
たしかに遠目には間違えてしまうかも!?
e0074833_2156539.jpg

そして、タウンホールの反対側には、その時フランス兵が、酔いつぶれたパブが
今も営業を続けています。

e0074833_21584231.jpg

折角なので、この「Royal Oak」でランチ。
中も素敵なのです。特にこのカウンター!
e0074833_2204381.jpg

ここでもやっぱり「カウル」をいただく。
ここのカウルは羊ではなく、牛肉でした。
ヒツジが苦手な人でも、これなら大丈夫。
ちなみに、この経験から、ウェールズのような新鮮な羊がてにはいらない
我が家のカウルには牛肉が入るようになりました。
e0074833_2235698.jpg

もうこれだけでお腹一杯だったけど
デザートがとっても魅力手的だったので・・・
プティングでございます。

それにしても、こんな歴史的な場所が今も残っていて
パブとしても今も現役で、食事が取れるって、ホントに素晴らしい。
ちなみに、フランス兵が撤退したのは、2月24日。
今から210年前のまさに、ちょうど今頃。
偶然だったけど、なんだかとても不思議な巡り合わせのようでした。
[PR]
by yu-sakutti | 2010-03-20 22:08 | 08 Wales旅行