ブログもとい、旅行覚書   主にウェールズ旅行記、 ウェールズ留学記


by yu-sakutti

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

つれづれ...
13 Wales旅行
11 Wales旅行
08 Wales旅行
05 軽井沢旅行
05 沖縄旅行
三鷹ジブリの森
鎌倉/江ノ島小旅行
留学
旅行
15 Wales&England旅行
16 瀬戸内国際芸術祭春

以前の記事

2017年 01月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

フォロー中のブログ

イギリス公開講座
旧 1974** Blog
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
ろんどんらいふ
海外で暮らす

その他のリンク

ウェールズの空の下
このブログの別室。ウェールズ留学中のあれこれを、ポツリポツリをアップしてます。



アンモナイト
紅茶の国から
イギリス国際結婚あんなことこんなこと

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧

2011 Travel in Wales 7日目

e0074833_14152560.jpg

朝食は半地下のダイニングルームで。
昨夜のゲストは、カップル1組と、シングル2組。
いやー、この朝食が実にすばらしい!!!!!
今までのイギリス旅行で、NO1だと思います。
美味しいし、やさしい。オーナーに、翌朝の朝食にキッパーを進められる。
カップルの男性も進めてくれたので、それにすることに。





オーナーが今日の予定を皆に尋ねる。
カップルは午前中、ポニー・トレッキングに行くそうだ。いいなぁ。
「ゆーさくはどうするんだい?」
「うーん、とくに予定は決めてなくて、乗馬もやってみたいし。この辺ぶらぶら歩いたり」
「それなら、Ramsey島へのボート・トリップはどうだい?」
「え~、今やってるの?北では天気悪くて、Bardsey島のボートがキャンセルになったんだけど」
「天気が回復したから大丈夫だと思うよ」

e0074833_14213996.jpg

というわけで、町の中心地、「クロス・スクエア」の近くにある
RSPBの事務所へ。この町も、もう5回目なので、勝手しったる、って感じ(笑)。
ボートは何種類かあって、島の周りをめぐるものから、ガイドと一緒に上陸するもの。
島は自然保護地区なので、ガイド無しでの上陸はできないのです。
ただし、この日の上陸は満員御礼。
なので、島の周りを一周する12時半のツアーに申し込み。

e0074833_14245940.jpg

時間まで、大聖堂のショップでお土産をかったり、郵便局にいったり
換金したり。昼はツアーが終わってからとることにして
大聖堂のカフェでコーヒーでも飲みながら、エアメールでも書こう、と
落ち着いてよくよく、ツアーの注意書きを読んでいたら...

ウォータープルーフの上着をお勧めします。
ツアー出発の15分前までには、乗り場に到着してください。

ありゃ、あまり時間がない!

いそいでホテルに戻って、レインコートをとって、
ボート乗り場のSt.Jastianに向かう。10分くらいだけど
駐車場に手間取ってしまった。

e0074833_1429623.jpg

St.Jastian。ここもこれで3回目。でも、まさか、自分がここからボートにのって
Ramsey島を巡ることになるとは、過去2回の時は思いもしなかったなぁ。

e0074833_1430378.jpg

時間になり、皆でボートに乗り込みます。15人くらいかな?
あ、あと2匹のワンコ!!
犬も乗れるんだ!とびっくり。でも犬は怖がって、ご主人が抱えて乗船してましたが。

e0074833_14314854.jpg

この日の天気はまずまずの晴れ間。
でも波はちょっと強かった~。ちょっと、こう胃にくるよね。
かつての巡礼者たちも、こういう辛い目にあいながら
船にのって、聖地を訪ねてたんだよなぁ、と古の人々に思いをはせてみた。

e0074833_14332132.jpg

残念ながら、Puffinなどの海鳥は、すでに旅立ったあとで、今回は鳥は見られなかったけど

e0074833_14341621.jpg

アザラシは一杯いました!野生。初めてみた!

e0074833_14345241.jpg

アザラシも、こっちを見てます。
人間を怖がらないのね?

e0074833_14352516.jpg

洞窟にはいるの!?

e0074833_14355331.jpg

ガイドの巧みな技で、ギリギリまで船を寄せます。

e0074833_14364047.jpg

船長兼ガイド。ポイントごとに船をとめて、ガイドをしてくれます。

e0074833_14373955.jpg

約2時間のボート・ツアー。少々船酔いしたけど、楽しかった!
ワンコ2匹も、しんどかったろうけど、よく頑張ったね~!
今度は、島にも上陸したいな♪

e0074833_1438482.jpg

そしてこれが、地名にもなている、St.Jastianのチャペル。Ramsey島で首を切り
落とされたらしい....!?

e0074833_14395945.jpg

ランチは、ここもお気に入りの「Samplar Tea room」
ティーセットが美味しいんだけど、ちょっと胃が....なので
軽めに、クリームチーズとパインアップルのサンドイッチと
ホームメイド・レモネード。これが美味しかったぁ!

e0074833_14414336.jpg

午後はぶらぶら、歩いてみることに。まずは、インフォメーションセンターにいってにようかな。
の途中にある「The Grove hotel」。ここは、ジェニーの友人、ティムの父アシュリーが
経営していたホテルだが、4年前に売ってしまったらしい。
さっき、アシュリーに似た人を見かけて、向こうもこちらを見てたんだけど.....?

e0074833_14441153.jpg

ビジターセンターで、新しいリーフレットを発見!このシリーズのSt.David'sの地域は
今までなかったぞ!?これは明日行こう....

で、今はCaerfaiからSt.NonまでのCoast pathを歩こうと
Caerfaiに向かって歩いてます。
本当にいい天気です。
ウェールズに来てから、自分の顔の筋肉が、ふぁ~と広がって行くのが分かります。
そして、St.David'sについてから、常にニヤニヤしている自分がいます。
私、やっぱりこの町がすき!北もいいけど、やっぱりここにずっと滞在するように
しておけばよかった!

e0074833_14483933.jpg

ここから、海沿いの(崖の上の)ウォーキングコースを歩いていきます。
風が強い。

e0074833_14492677.jpg

e0074833_1450254.jpg

めっちゃキレイです。

e0074833_1450417.jpg

今回、職場の兄さんの進めで、「ゴリラなんとか」っていう、くねくね曲がって
いろんなところに取り付けられる三脚を買ったんだけど
結局使うことがなかった(苦笑)。持ち歩いてなかったから。
これは石の上において.....ん!?

e0074833_14521455.jpg

石になんか、彫ってる。
これは、古代の墓石ではないですか!!
昔「Margam Stone Museum」というところで見た展示に書かれていたパターンだ。
むかしの人は、このような古代の墓石を石橋にして再利用(?)していた、という。

e0074833_14541666.jpg

歩みを先にすすめると、海から洗剤の泡のようなものが、降ってきた。
辺りにも、似たようなものがいくつもおちている。

e0074833_14554158.jpg

こういう深い切り込みの入り江?に波が激しく打ち付けるので
打ち付けられた波が泡になて、ここまで飛んできてるんですねぇ(驚)。

e0074833_1456416.jpg

途中80代と思われるご婦人と雑談。
震災のことも心配されていた。
私が、一人で車で、ウェールズを回っている、というよ
しきりに感心されてしまった(汗)。
いえ、私にとっては、そんなに大変なことではないんですよ。
HOME、だから。

e0074833_1458327.jpg

ゴールのSt.Non's Chapelに到着。チャペルのなかに、聖ノン(聖デイヴィッドの実母)に
ついてかかれた小冊子があったので、購入(£2)。彼女は海の向こうの、フランス、
ブルターニュで亡くなった、と聞いていたので、すごく興味があったのです。
いつか、そこへもいってみたいな。

e0074833_1502426.jpg

なんか、今回、家畜にガン見されるんですけど....
しかも、この牛の顔の模様が、怖い!!

e0074833_1512338.jpg

宿のオーナーが、美味しいと勧めてくれた「Farmar's Inn」。
この町も、すこーしだけ、変わってた気がする。

e0074833_1523858.jpg

さて、この日も6時からの聖堂のサービスに参加する予定だったので、
時間まで、Whitesands beachに行ってみることに。

e0074833_1535111.jpg

ここはイギリスでも有数の、きれいなビーチなのです。
かもめの足跡もきれいに残っています。

e0074833_1545111.jpg

かもめもたそがれる。
ここから30分ほど、海岸沿いの道を登ったり、降ったりすると
St.David's Headというところに付、丘の上には、古代の墓があります。
前行ったときには、野生の馬もいたっけな。

e0074833_1563568.jpg

ブルー・フラッグは厳しい基準をクリアしたビーチにのみ与えられる。
ペンブロック地方には多いね。

e0074833_1573974.jpg

町にもどって、大聖堂の夜のサービスEvensongに参加。
またしても、涙が...

e0074833_1583231.jpg

大聖堂を出ると、きれいな夕暮れが。
さっきまで、天使の歌声で歌っていた少女達が、聖堂の階段を
駆け上ってきます。そのあどけなさ、はさきほどとは別人。

e0074833_1595631.jpg

オールドクロス。よそから来て、まずこれが目に入ると、
「ここに帰ってきたんだなぁ」と思います。
多分、古の巡礼者たちもそうだんたんだと思う。
やっと「聖地についた」って。

e0074833_15111252.jpg

夕焼けの中の大聖堂もみたかったけど、食欲が勝っていたので
今夜もまたSolvaのお気に入りのパブへ。

e0074833_1512785.jpg

この町にもいつか泊ってみたいんだけどね。
Solvaのメインストリート。

e0074833_15124888.jpg

これを食べたかったんだよ~~~~~。
地元で摂れたロブスター!!!
アメリカみたいな(イメージ)、でっかいのが出てくるかと思ってたら
ちゃんと食べきりサイズがでてきた。
おいしいよ~。なんか、もっと食べられそうだったので、デザートもいきたかったけど
調子にのらないように、自重しました。

e0074833_1515133.jpg

宿のラウンジ。
ゲストが自由に使えるように、ノートPCがあります。
この配慮は嬉しいね!!

e0074833_15153947.jpg

寝ていたのを起こしてしまった。ごめんよ~。
この家にはあと、ワンコが1匹います。


明日には、もうここをたたねばなりません.....
[PR]
by yu-sakutti | 2011-09-22 14:14 | 11 Wales旅行