ブログもとい、旅行覚書   主にウェールズ旅行記、 ウェールズ留学記


by yu-sakutti

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

つれづれ...
13 Wales旅行
11 Wales旅行
08 Wales旅行
05 軽井沢旅行
05 沖縄旅行
三鷹ジブリの森
鎌倉/江ノ島小旅行
留学
旅行
15 Wales&England旅行
16 瀬戸内国際芸術祭春

以前の記事

2017年 01月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 05月
2011年 10月
2011年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

フォロー中のブログ

イギリス公開講座
旧 1974** Blog
ゆきの地球めぐり旅(エキ...
ろんどんらいふ
海外で暮らす

その他のリンク

ウェールズの空の下
このブログの別室。ウェールズ留学中のあれこれを、ポツリポツリをアップしてます。



アンモナイト
紅茶の国から
イギリス国際結婚あんなことこんなこと

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧

Travel in Wales & England 2015 8日目-①

e0074833_1843276.jpg

7時半起床。
すっごく気持ちよく寝た…ていうか、もう少し寝たい…
寝心地いいなぁ、このベッド。
ココロを奮い立たせて、ベッドから降りる。
部屋の窓から、向かいの道路の車を確認。よしよし無事だ。



e0074833_18504380.jpg

1階のダイニングで、美味しい朝食を頂く。
他のテーブルの女性二人組のゲストと、朝の挨拶
彼女達に「See you tomorrow morning」
っていわれたけど、ゴメン、これからチェエクアウトなんだ。
でも、ホントまた泊まりたいホテルです。

って思ってたのに、チェックアウトする段階で、「ハッ」と気づいた。
ベッドにチップ置いてくるの忘れたー!!
どうしよう!『ちょっと部屋に忘れ物が…』
っていって、置いてくる?
とか、悩んでる間に、チェエクアウトもすませ、何もせずに出てきました。
ごめんなさいー!008.gif

e0074833_18541487.jpg

車に荷物を詰めて、郵便局に行くために、昨夜とは逆に、ホテルの前の坂道を登っていくと…
あれ、なんか、こっちの方がオシャレなカフェやショップがあって、栄えてる…
そうか、「アッパー」の方が「上」なのか…
その帰り、「Dylan Thomas House」の標識が…そう、ここSwanseaは、詩人、ディラン・トーマスの出身地。ミュージシャンのボブ・ディランは彼をリスペクトしていて、ボブ・ディランという芸名は
彼の名前からとったそうです。そういえば、ボブ・ディランも詩を朗読するような
独特の歌い方してるよね。
標識があるってことは、歩いていけるのかな?ならば行こう!ということで、標識に従って
坂を登っていきます。

e0074833_18575267.jpg

Dylan Thomas Birthplace
歩いて行けなくはないけど、結構な坂を登ったな。振り向くと遠くに海が見える!
開館前なので、外から眺める。この家の右側部分がそうです。
ディラン・トーマスについて、すごく興味があるわけでも、詳しい訳でもないけど
ウェールズが産んだ偉大な詩人なので、とりあえず、押さえた!(笑)

e0074833_1905519.jpg

でも、帰国してから、ちょっと後悔。
彼の作品は「ウェールズのクリスマスの想い出(A Child in Christmas)」という子供向けの本を
持っているのですが、よく考えたら、その本の舞台が「ここ」だったんですよね〜。
次回機会があったら、本を読み返して、家の中も入りたいです。

e0074833_1933894.jpg

さて、今日回るところは、Swanseaの町から西に突き出たガウアー半島にある城や
埋葬塚を見る事!特に、妖精伝説があり、砂に覆われた城として知られる
Pennard城に行くのは私の悲願(?)でもありました。
ネットで行き方を調べると、ちょっと曖昧。メインロードからそこへ行く道が、歩いていけるの?って感じ。Three Cliff Bayの近くなので、とりあえずその辺へ。
地図で見る限り、近くにあるヘリテージセンターから道があるはずなんだけど、よく分からない。
通りすぎてちょっと走ってると、見えてきました、左手にスリークリフベイ。
さらに、もう少し走ると、「スリークリフベイ○○」と掲げられた看板が。
とりあえず、そこに行って聞いてみよう。
車で進むと、宿泊施設も兼ねた、ビジターセンターの様な建物が。
おひげを蓄えた親切そうなスタッフに、城に行きたいとつげると、今日、今この時間は満潮で
スリークリフベイから城へ渡る道は通れないとのこと。
行くなら、元来た道を戻って、ゴルフ場を通っていくか、ビジターセンターで尋ねるといいよ
と教えてくれた。分かった!
でも、とりあえず、後回しにして、次に行こう!

e0074833_19103735.jpg

半島のほぼ真ん中に、「アーサー王の石」と呼ばれる古代の埋葬塚があり、
地図上でみると、大体この辺なんだけど…
何もない。大抵Cadwの標識が建ってる筈なんだけどなぁ。
なんとなく、駐車スペースっぽい所もあり、車も一台止まってるけど、それらしいものが
見当たらない。仕方ない!また先に行こう!

e0074833_19125613.jpg

というわけでやってきたのが、半島にある城のなかで、最西端にある
Weobley castle
雨が降って来た〜。そして風も強い。
チケットは城の近くにあるカフェ?で購入。

e0074833_19165923.jpg

お城…というか、ほんとにある一族のための、小さな居城って感じ。

e0074833_19174590.jpg

窓から見えるのは、Llanrhidian Marshという湿地帯です。こういう所に鳥がいるんだよなぁ。
湿地帯を通る道が見えます。

e0074833_1921653.jpg

中庭

e0074833_19212948.jpg

城の外側に回ると…

e0074833_19255127.jpg

ところで、城に2階の部分にエキシビションがあったんですが、そこのパネルを見てたら
「アーサー王の石」、やっぱりさっき止まった所でよかったらしい!
よし、このあともう一度行くぞ!

e0074833_1926524.jpg

こういう通路が大好物です053.gif
[PR]
by yu-sakutti | 2016-01-17 19:28 | 15 Wales&England旅行